【利用レビュー】ヨーロッパ周遊には格安プリペイドSIM「Three」がオススメ!

海外旅行で重要なのは何と言ってもインターネット通信!空港やホテル、カフェなどでも無料Wi-Fiを利用することはできますが、移動する先々でグーグルマップやインターネット検索が必要になる時は必ず出てきます。いつでもどこでもインターネットが使える環境は今や必須ですよね。

今回の記事は、約2週間のヨーロッパ旅行で、インターネット通信のために選んだ「Threeデータ通信プリペイドSIMカード」についてまとめてみました。

海外でインターネットに接続する方法

  • 日本のキャリアが提供している国際ローミングを使用する
  • 海外用WIFIルーターをレンタルする
  • プリペイドSIMを購入する(SIMフリー端末が必要)

以上のような接続方法がありますが、ドコモやAUが提供している海外用のパケットプランなどは料金が非常に高いし、モバイルルーターは受取と返却が面倒&スマホと一緒に持ち歩かなくてはいけないのが不便…

というわけで、SIMフリー端末を持っているのなら、格安で簡単な「プリペイドSIMカード」が今のところ1番便利と言えそうです。

ヨーロッパ周遊の最強プリペイドSIM「Three/3GBタイプ」を入手

今回のヨーロッパ周遊旅行では、有力な3社(Three、Mighty Sim、AIS )のプリペイドSIMカードを比較検討した結果、やはりヨーロッパのプリペイドSIMで最強と言われているイギリスの通信キャリア「Three」を選択。データ通信プリペイドSIM(3GBタイプ)を購入しました。

ヨーロッパ・オセアニア周遊SIM 4G・3Gデータ通信3GB

新品価格
¥1,930から
(2018/11/15 23:06時点)

Three01

SIMのサイズはスタンダードSIM(赤)、マイクロSIM(緑)、ナノSIM(黄)が揃っているので、スマホのSIMサイズに合わせて切り取ることができます。

「Threeデータ通信プリペイドSIMカード(3GBタイプ)」の特徴

  • イギリスの通信会社「Three」が提供するプリペイドSIMカード
  • 3GB(3000MB)のデータ容量(他に1GB/30日間有効と12GB/360日間有効がある)
  • SIM挿入時点から最大90日間有効
  • データ通信専用
  • 4G / 3G に対応(イギリスは4G/3G、それ以外の国では3G/2G)
  • オンラインによるチャージ(Top-up)
  • 全42カ国で使用可能

3GBタイプの他に1GB、12GBもあります。

Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】

新品価格
¥1,060から
(2018/11/15 23:10時点)

Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【12GB / 360日タイプ】

新品価格
¥4,900から
(2018/11/15 23:14時点)

「Threeデータ通信プリペイドSIM(3GB)」を選んだ理由

旅行前に日本からネットで購入できる

現地調達の必要がなく、日本で事前に購入できるので、渡航先の空港に到着後すぐに使用できる。

何と言っても価格がリーズナブル

1GB/30日間で2000円弱、3GB/90日間で3000円弱、12GB/360日間で6000円弱と断トツの安さ。

使い方がとても簡単

購入したSIMカードには日本語で設定方法の紙がついていましたが、基本的には現地に到着後、スマホにSIMカードを入れてデータローミングをONにして「three.co.uk」のAPNを選択するだけ!

ちなみに今回使用したiPhone7では、SIMを挿入し電源を入れ直すだけで自動で繋がりました。

ヨーロッパほか42カ国で利用可能

今回周遊した国(イタリア、スペイン、フランス)はもちろんのこと、ヨーロッパのほどんどの主要国で利用可能です。

(ヨーロッパではイギリスをはじめ、アイスランド、アイルランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ラトビア、リトアニア、ルーマニアなど)

足りなくなった場合はチャージ(Top-up)ができる

万が一、容量が足りなくなってもオンラインでチャージすることができる。ただしチャージをするには、英国発行のクレジットカード(日本のクレジットカードが使えたというケース多数あり)、もしくは「Paypal」のアカウトが必要。

※チャージ方法を詳しく説明しているサイトを見つけたのでコチラをご参照ください。

「Threeデータ通信専用プリペイドSIM」の注意事項

  • SIMフリー端末で使用可能(SIMロック解除端末は動作保証対象外)
  • データ通信専用でVoice Call、SMSには対応していない(もちろんスカイプ、LINE、Googleボイス等のアプリは使える)
  • テザリングには対応していない(SIMフリーモバイルルーターは利用可)
  • イギリス以外の国で2ヶ月連続して使用すると、データローミングが制限されることがある

テザリングができないというデメリットがありますが、同行者とテザリングしたいという場合なら、とにかく安いので人数分購入してもいいと思います。絶対にテザリング機能が欲しい!という場合は「Mighty Sim」や「AIS SIM2Fly」が良いかもしれません。

MightySIM【データ専用グローバルSIMカード】【世界100カ国以上対応、完全プリペイド】

新品価格
¥690から
(2018/11/15 23:16時点)

AIS プリペイドSIMカード データ通信 15日 4G/3G

新品価格
¥3,540から
(2018/11/15 23:18時点)

旅行中に必要な容量はどれくらい?

海外旅行でインターネット通信をするためのSIMカードを購入する際に考えなければいけないのは、まずは渡航先でSIMが利用できるかどうかですが、利用日数と容量も大切。そもそも、旅行中にどのくらいの容量を使うのでしょうか。

今回は約2週間で3カ国を周遊(内1週間はクルーズ旅行の為航海中は利用できず)し、メインで使用したイタリア旅行では、グーグルマップ(約750kmのドライブで使用した距離分を含む)、LINEなどのSNS(10枚程度の写真送信)、レストラン・観光情報など多少のウェブ検索に使用して約1GBの容量を使いました。

ただし、グーグルマップの地図データは、渡航前に日本でダウンロードしてオフラインでも利用できるようにしました。手順は下記を参照して下さい。

マップヘルプ>ダウンロードしたエリアをオフラインで見る

以上のような使い方でサイズが大きい動画などを使用しなければ、1週間1GB程度で足りると思います。あくまでもこの数字は大まかな目安なので、データ残量を確認しながらの旅行をオススメします。

データ残量の確認方法

スマホ・タブレットの場合は、My3アカウントを作成しなくても下記の方法でデータ残量の確認ができます。

  1. SIMを挿した端末から「three.co.uk」にアクセス
  2. 「Login to My3」をクリック
  3. 「Data allowance」をクリック

※モバイルルーターの場合は、My3というサービスでユーザ登録をする必要があります。

カバレッジマップで電波エリアもチェックしてみよう!

国名を入れプルダウンで表示されるネットワークを選び「View Map」をクリックすると電波エリアが確認できます。参考までにチェックしてみてください。

OpenSignal

OpenSignal(Global Cell Coverage Maps)
CoverageMaps

「Threeデータ通信プリペイドSIM(3GB)」を使用した感想

2017年12月、約2週間のヨーロッパ3カ国、イタリア(ローマ〜トスカーナ・ジェノバ)、スペイン(バルセロナ)、フランス(マルセイユ)の周遊旅行にThreeのプリペイドSIMを使用しましたが、いつでも快適(スピードも問題ナシ!)なインターネット通信ができて、大変便利でした!

GPSを借りずとも快適にイタリア・ドライブ旅行!

イタリア国内750kmのドライブ旅行(ローマ〜チヴィタオルヴィエート〜コルトーナ〜オルチャ渓谷)では、へんぴな地域も多々あり(カバレッジエリアでチェックしてもカバーされていない箇所があり)少し心配していたのですが、何のトラブルもなく快適に動作してくれました。ちなみに接続先の通信会社(TRE、WIND、TIM、ヴォーダフォンなど)は、地域によって異なりました。

「Three」はヨーロッパ周遊旅行にはもってこいのデータ通信プリペイドSIMだと思います。日本の携帯キャリアで高い国際ローミング料金を支払うよりも大変お得で便利なので、SIMフリー端末をお持ちの方は、ぜひ利用してみてください!