【利用レビュー】アメリカ旅行で「レンティングカーズ(Rentingcarz)」を利用してみました

海外旅行中に車があれば、行動範囲も一気に広がりますよね。そこでレンタカーという話になりますが、米国旅行の際に初めて海外レンタカー比較検索サイト「レンティングカーズ(Rentingcarz)」を利用してみました。

ということで今回の記事は「レンティングカーズ」のレビューです。

レンティングカーズって何?

海外へ旅行する際、いちいちレンタカー会社を検索して、プランや保険内容を確認して、、、というのは結構面倒くさいもの。そんな煩わしさを一気に解消してくれるのが、レンタカー会社を一括で比較検索してくれる世界最大級の検索エンジンを有する「レンティングカーズ(Rentingcarz)」(2012年にアメリカ・マイアミに設立)。

ハワイを含むアメリカを中心に、オセアニア、ヨーロッパ、中東、中南米など世界中のレジャー地域での海外レンタカーを一括で検索、プランの違いなどを集約して、わかりやすく料金の比較ができるサイトです。

日本では㈱アクセスという会社が総代理店として、2016年よりレンティングカーズのサービスを開始しています。

サービス内容は?

世界のレンタカーブランドを一括検索で比較できるレンティングカーズですが、どんなサービスがあるのでしょうか?

どこよりもお得な最安値

どこよりも最安値という特別プランでレンタカーを見つけられる。(同じ条件で他の方が安いということがあれば値引)

選べるプロテクションプラン

保険は、ベーシック、スタンダード、プレミアム、プレミアム+GPSから選べる。(地域によってはベーシックプロテクションとプレミアムプロテクションの2択のみなどという場合もあり)

たとえば、ベーシックプロテクションを選択した場合は、自車輌損害補償、走行距離無制限、必要な税金等、という最低限の保証となり、プレミアム・プロテクションを選択した場合は、ベーシックに加え、対人/対物保険、搭乗者傷害保険がカバーされるほか、走行距離無制限、追加運転者1名分が無料、 そして返却時のガソリン補給不要(現地ではFPOと呼ばれる)、という満点のサービスが付加されます。

変更・キャンセル無料

いつでも無料で変更とキャンセルができる。(ただし、変更する場合は最初の予約時と料金が異なる場合あり)

問合せはチャットでもOK

何か分からないことがあれば、電話、ファックス、メールで相談・問合せができる他、チャット対応(土日祝を除く9:30〜17:30)があるのも嬉しい。すぐ回答が欲しいときには素早く対応してもらえます。

マイレージ積算やその他特典

現地払いの場合、レンタカー利用に応じて、JAL、ANA、デルタなど各航空会社のマイレージが積算される特典がつきます。また、JAF会員の場合は、予約時に会員番号を入力すると割引・特典が受けられるようです。

レンティングカーズを利用するにあたっての注意は?

レンタル料金は変動制。予約内容は事前にしっかりチェック!

レンティングカーズの料金は変動制のため、最初の予約時と料金が異なる場合があります。

予約内容を変更したい場合は、一度キャンセルして新規で取り直しになってしまうので、予約完了前にしっかりと予約内容をチェックです。万が一、取り直す場合は、先に新規予約を完了させてから、不要となった予約をキャンセルします。

国外からの予約はその居住地向けのプランとなる

レンティングカーズの利用は「日本国内在住」というのが条件だと聞いたのでちゃんと確認したいこと、支払い方法で疑問に思ったことの2点をチャットで質問してみました。

質問1:利用するのは「日本国内在住」が条件と聞いたのですが、海外在住者の利用はできますか?(例えば米国に海外赴任中など)また、海外旅行中にレンタカー予約は可能ですか?(例えばイタリアに旅行中、ドイツでレンタカー予約するなど)

カスタマーサービス
簡潔のご説明させていただきますと日本でサイトを開かないと日本向けの料金プランがでてこないのが現状となります。お客様がアメリカでrentingcarz.comのサイトをご覧になっている場合はアメリカマーケット向けの料金プランがでてくる形となってしまいます。予約はどこでも可能ですがその居住地向けのプランがでてくる形となってしまう点にご注意いただきたいと思います。

質問2:支払いは、現地払い、日本払いが選べるとありますが、検索結果に現地払いしか出てきませんでした。国によって選べないことがあるということですか?

カスタマーサービス
地域により日本払い現地払い双方の料金設定がある地域、日本払いのみ、現地払いのみとこちらもエリアによって異なって参ります。

という回答でした。レンティングカーズのサービスを提供している国ならどこからでも予約はできる(ただし、サービス内容はその居住地向けのプラン)という意味では、少し認識のズレがありましたが、いずれにしても国外からは日本向けのサービスプランは利用できないということですね。

また、支払い方法は「日本払い」「現地払い」双方の料金表示がある場合は申込時点で選択することができますが、どちらかの支払いのみで選択できない場合もあるとのこと。

その他注意点

レンティングカーズに限ったことではありませんが、現地のレンタカー会社で契約する際に最も多いトラブルは「任意保険加入」「オプションの追加」「アップグレード」などの追加を勧められること。

すでにフルカバーの保険やオプションが入っているプランにも関わらず、知ってか知らずか、オプションや保険をすすめてくるんですよね。結構、保険料をダブルで支払ってしまう人も少なくないようです。不必要なものは全て断って下さい。また、署名する前に必ず契約書内容も要チェックです。

予約時と現地契約営業所で必要なものは?

予約時に必要なもの

  1. 契約者(運転者)の運転免許証(情報入力あり)
  2. クレジットカード(日本払いの場合必要)

現地契約営業所で必要なもの

  1. メールで送られてくる添付ファイル(※予約確認書)のプリント
  2. 日本の運転免許証
  3. 国際運転免許証(ハワイ州は日本の運転免許証のみでも契約可能)
  4. クレジットカード
    ※添付ファイル(PDF):現地払いの場合は「Reservation Confirmation.pdf」日本払いの場合は「Prepaid Voucher.pdf」

予約手順は?

貸出ロケーション等を選択する

  1. 貸出営業所を入力する。例えばボックスにサンフランシスコと入力すると、「サンフランシスコ国際空港(空港営業所)」と「市内営業所(クリックすると市内営業所の選択肢が表示される)」の選択肢が表示されるので、その中から目的営業所を選択する。
  2. 別の営業所に返却したい場合は、下の「別の営業所にかえす」のウィンドウにチェックを入れ、1と同様に目的営業所を選択する。
  3. 貸出日、貸出時間、返却日、返却時間、プロテクションプランを選択後、「さがす」をクリックする。

th_IMG_4854

一括比較検索開始!

選択した条件での検索が始まります。アメリカの場合なら、ダラー、ハーツ、エイビス、アラモなど、16社のレンタカー会社から格安順に検索結果がでます。

th_IMG_4855

レンタカー会社と車種を選ぶ

エコノミー、コンパクト、インターミディエイト、スタンダード、SUV、コンバーチブルなど、車種別にレンタカーブランドが一覧で表示されるので、希望のレンタカー会社と車種を選び、「選択」をクリックする。

th_IMG_4856

必要事項を入力し、内容を確認したら予約完了!

プラン内容や料金を確認後、支払い方法を選択(選択できない場合あり)、ドライバー情報、クレジット情報(日本払いの場合)の必要事項を入力し、予約ボタンを押して完了です。

th_IMG_4857

利用後の感想

以前米国に在住している時は、旅行時にレンタカーをすると自車輌損害補償、対人/対物保険、搭乗者傷害保険など、単品毎に保険をかけるとレンタカーより保険料の方がかなり高くついていましたが…今回初めてレンティングカーズを利用してみて、充実したサービス内容(プレミアプロテクション)とそのレンタカー料金の安さにおどろきました。

フルカバーの保険で安心でしたし、追加ドライバー(1名分)、燃料先払制度(現地ではFPO/Fuel Purchase Optionと呼ばれる)も付加されており、気軽に運転交代、また返却時のガソリン補給も不要なので便利でした!(FPOは返却時に空の状態でも追加料金は発生しないが、満タンの状態で返却しても返金には応じない)

ちなみにアメリカ旅行でレンタカーする場合…

大概私たちは二人旅なのでエコノミー、コンパクトクラスで十分なのですが、レンタカーデスクでの配車時に、希望の車種がないケースが非常に多い。(といっても、今まで全てアップグレード)

th_IMG_2148

たとえば、今回もエコノミーにしたのに、配車されたのは、なんとDODGEのスポーツカー・チャレンジャー…レンタカー会社サイドの問題なので、もちろんアップグレード料金などは請求されないし、ラッキーと思う人も多いかもしれませんね。(逆に私の希望は、むしろ小回りのきくコンパクトカーなのですが…無いものは無いといった態度で悪気もない様子で流されます…)

また、5日〜7日間の利用は同料金なので(要確認)、1週間のレンタカーがお得です。

最後にもう一度…現地のレンタカーデスクではたとえフルカバーの保険に入っていようが、すでにオプションが入っていようがお構いなしに十中八九「任意保険加入」「オプションの追加」「アップグレード」などの追加を勧めてくるので、保険料などダブルで支払ってしまうことがないように気をつけて下さいね。惑わされず不必要なものは必ずその場で断る。また、署名する前に必ず契約書内容を要チェックです!

それでは、安全で楽しいご旅行を😃