航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」による華麗な展示飛行

航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」

「ブルーインパルス(Blue Impulse)」は、華麗なアクロバット飛行を披露する航空自衛隊の曲技飛行チーム。正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」です。

個人・団体問わず松島基地でブルーインパルスを見学することができます(見学は祝日を除く月〜金曜日。希望日は1ヶ月前までに問合せ要)。また、航空自衛隊の航空祭や国民的な行事などで展示飛行が見れるチャンスもあるので、関心のある方は航空自衛隊の公式ツィッターや公式ウェブサイトで確認してみて下さい。

※本場のアメリカ「ブルーエンジェルス」についてのブログ記事はコチラ

ブルーインパルス イベント

ブルーインパルス イベント スケジュールの詳細はコチラ

2021年7月23日(金・祝) 東京都内上空 東京オリンピック競技大会関連
2021年8月24日(火) 東京都内上空 東京パラリンピック競技大会関連


Blue Impulse 

東京都心の上空を飛行するブルーインパルス

「ブルーインパルス」は、2020年3月に宮城県で開かれた聖火の到着式典でオリンピックマークを描く展示飛行を披露。また、東京オリンピックの開会式が行われる2021年7月23日と、パラリンピックの開会式が行われる8月24日に都内上空で展示飛行が行われます。

医療従事者に敬意と感謝の飛行

2020年5月29日、新型コロナウイルスと闘う医療従事者らに敬意と感謝の気持ちを示すため、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が東京都心の上空を飛行しました。

正午過ぎ頃、埼玉県内の入間基地を離陸したブルーインパルスが6機編隊で都心に入り、東京スカイツリーや防衛省、東京駅、都庁、また都立墨東病院、自衛隊中央病院などの病院上空を通過するルートを高度約1200mで飛行。白いスモークで線を描きながら約20分ほど都内を飛行しました。

※下写真は東京スカイツリーから約2.5km離れた自宅より撮影。東京スカイツリーを過ぎたところで大きく弧を描くように旋回後、再び頭上から現れた6機編隊のブルーインパルスが品川方面に向かっていきました。

青と白のブルーインパルス出現!一糸乱れぬ6機の編隊で美しく華麗に大空を走り抜けていきました。

東京オリンピック開会日の飛行ルート

オリンピックの開会日となる7月23日正午過ぎ、ブルーインパルスにより展示飛行がおこなれました。飛行ルートは、入間基地を出発後、練馬区方面から東京都庁、東京スカイツリーなど都心部を周回したあと、オリンピックマークを描くため国立競技場上空に進入、その後は北区・足立区・葛飾区方面に飛行し、最後は東京タワー方面へ抜けていきました。

カラースモークを噴出しながら飛来するブルーインパルス

都心部から東京スカイツリー方面に飛来するブルーインパルス!カラフルなスモークが青空に映えます。

素晴らしい!かっこいい〜っ!!ほうぼうから拍手と歓声が沸き起こります。

国立競技場上空に描かれるオリンピックの輪

1964年に開催された東京オリンピックから57年ぶりに青、黄、黒、緑、赤5色のオリンピックマークの輪が国立競技場の上空に描かれました。

発達中の低気圧の影響で風が強かったせいなのかスモークが少しかすれ気味でしたが、約10km先の西の空にオリンピックマークの輪(1つの輪の直径は約1.2km、全体では約4kmの大きさ)が描かれていく様子が見えました。

東京スカイツリーから東京タワー方面へ向かうブルーインパルス。

カラースモークを噴出しながら遠ざかっていく姿も素敵です!

素敵なパフォーマンスをありがとうございました!!!

次の展示飛行は、8月24日のパラリンピック開会日!シンボルマークの赤、青、緑3色のカラースモークで展示飛行が行われる予定です。