【CA ビッグサー】人々が集まる「エサレン研究所」の歴史について

ヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントの先駆けとなった「エサレン研究所(Esalen Institute)」は、アメリカ・カリフォルニア州ビッグサーの風光明媚な海岸線沿いにあります。2018年11月、ついに念願の再訪を果たすことができました。初めて「エサレン」という言葉を聞いた方のために、まずは「エサレン研究所の歴史」についてご案内します。

そもそも「エサレン研究所」ってどんなところ?

「エサレン研究所(Esalen Institute)」はヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント(人間の潜在的可能性)を根底にボディ・マインド・スピリットを総合的に探求するセンター。さまざまなセラピーやボディーワークを通して人間の潜在能力の覚醒を目指す心理療法・身体開発の場を提供しています。

創立から 50年以上経った今も、東洋と西洋、古代と現代、科学と宗教、学問と芸術の統合などについて探求し、数多くの哲学者、文学者、心理学者、アーティスト、ボディーワーカーたちが集まってきます。

一般向けの滞在型ワークショップにおいては、心理学、シャーマニズム、トランスパーソナル心理学、ゲシュタルト、瞑想、マッサージ、ヨガ、太極拳、合気道、ソマティックス・ボディワーク、アート、音楽、ダンス、エコロジーなどがあり、様々な分野に広がる多種多様なセミナーやワークショップ(費用には、宿泊、食事、ムーブメントプログラムや温泉施設利用が含まれる)に参加することができます。

朝のムーブメントプログラム「Tai Chi(太極拳)」

エサレン研究所の歴史について

「エサレン研究所(Esalen Institute)」は、スタンフォード大学時代に出会ったという「マイケル・マーフィー」 と「ディック・プライス」によって1962年に設立されました。

1960年代のカリフォルニアといえば、東洋思想に影響を受けた新しいムーブメントが起こった時代。その最中、彼らはヒューマン・ポテンシャル・ムーブメントの発信地として、コミュ二ティセンターをつくることを決意し、マーフィーの祖母が所有していたビッグサー沿岸の小さな温泉地に、滞在型のセンターを開設。

エサレンの名前は、数百年前までその地に暮らしていたというネイティブアメリカン部族「エスリーン(Esselen)」のスピリットに敬意を示し、彼らの部族名をとってと名付けられたといいます。

設立時には哲学者であり神学者の「アラン・ワッツ」などが講演を行い、またゲシュタルト心理療法の創始者「フリッツ・パールズ」、心理学者でトランスパーソナル心理学の「エイブラハム・マズロー」、ロルフィングの「アイダ・ロルフ」など、続々と高名な学者やボディーワークの創始者たちが集まり、強力なサポーターとなって、エサレンの教育機関としての価値を確立していきました。(彼らの名前は、エサレン敷地内にある宿泊施設の名前にもなっています)

著名な心理学者や哲学者の大部分がエサレンを訪れたと言われ、エサレン創立者と同じくスタンフォードの卒業生でアップル創始者の「スティーブ・ジョブス」も禅を学ぶために度々訪問、またビル・ゲイツやビル・クリントンもエサレン研究所を訪問したといいます。

心と身体を別ものとして考える西洋医学の「心身二元論(しんしんにげんろん)」に対し、身体と精神は一体であるとした東洋医学の「心身一如(しんじんいちにょ)」の思想を取り入れ、早くからホリスティック医療(身体面だけでなく心、気、霊性などを含めた全体的な治療)の研究がなされ、当初主流であった講演や討論は、感情・感覚・体を目覚めさせる目的のエンカウンターグループ、ゲシュタルト、マッサージやボディワーク、また美術や音楽など芸術に関するワークショップの実施へと移行していきました。

政治・文化・科学など、変革の時代を背景に、エサレンは社会の変容を目指す活動家の交流機関として役立ち、その中でもエサレンの功績としてあげられるのは、1980年代の冷戦時代にソビエトとアメリカの科学者同士の交流プログラムが組織されたことです。市民レベルのユニークな外交による融和が一助となり、ボリスエリツィンが1990年に初めてアメリカを訪れるという歴史的快挙につながりました。

脈々と受け継がれてきた世界中の人々との交流

設立以来、世界中から大勢の人々が訪れるエサレン研究所。ワークショップやセミナーの学びだけでなく、同じ分野に関心をもつ者同士の語らいや意見交換、また多種多様な考えを持った訪問者たちとの素晴らしい出会いと交流の中で、雄大な美しい自然に触れ、天然温泉に癒やされ、オーガニックの美味しいヘルシーフードをいただく…という、五感全てが喜びで溢れるような体験が味わえます。

そのような素晴らしい体験、そして心と身体の不調和なバランスが整っていく実感こそが、多くのエサレンファンとリピーターを生み出しているのでしょう。(私自身今回3度目のエサレンリピーターです)

ボディ・マインド・スピリットを包括的に探求するセンターとして、脈々と受け継がれてきた世界中の人々との交流そのものが、エサレン研究所の歴史とも言えるかもしれません。

これからも時代の最先端を行く研究所として、素晴らしい未来の歴史につながる大きな役割を担ってくれることでしょう!

Esalen Institute
55000 Highway 1
Big Sur, CA, 93920
888-837-2536