積雪の銀山温泉にあこがれて…(準備編)

そろそろどこかに行きたいな…と思っていたところに飛び込んできた(雪の降る宿街に柔らかいガス灯が灯っている)風景写真。この大正ロマン風の情緒溢れる写真に一目惚れ!NHKの朝ドラ『おしん』の舞台になり、一躍脚光を浴びた場所だそうで、現在は超人気の観光スポットとのこと。「そうだ 銀山温泉、行こう!」

今までは海外旅行ばかりに目が向いていましたが、これからは、このような日本の素敵スポットを探し求めて、日本の旅も楽しみたいと思います。というわけで、記念すべき最初の「日本を旅する」は銀山温泉の旅です。まずは準備編から …

今回の旅で重視したのは、

1.積雪があるうちに銀山温泉を訪問し

2.温泉街のレトロな宿で、

3.(川側客室から)温泉街と銀山川を眺める。

です。以上の3点を踏まえて、まずは、JR・バスツアーを調べてみました。

 

①銀山温泉のバスツアー

色々な旅行会社を検索してみたところ、蔵王温泉や鳴子温泉に宿泊するツアーはたくさんあるのですが、銀山温泉に宿泊できるツアーがなかなか見つかりません。銀山温泉に宿泊できるのは出発地が仙台発や茨城発だったり。。。いくつかの観光スポットと合わせてのツアーで、銀山温泉の滞在時間が30分〜3時間(ツアー会社によって滞在時間はまちまち)というような短時間の立ち寄りのみだったり。。。そんな中、銀山温泉ツアーを企画している旅行会社がありました!

【JTBツアー】宿泊プランとJR・航空+宿泊プランから条件別のツアーが検索できます。銀山川沿いの人気宿「古勢起屋別館」、「旅館藤屋」のほか、白銀公園そばの滝と蕎麦が売りの「瀧見館」や、露天風呂付き客室がある「仙峡の宿銀山荘」&東北の銘柄山形牛の陶板焼きを堪能できるコースなどが選択できます。

「条件から探すの「旅館・ホテル」もしくは「JR・航空+宿」のタブをクリック→目的地は山形を選択(JR・航空+宿を選択した場合は出発地も選ぶ)→人数・室数、宿泊日を入力し検索ボタンを押す→さらに検索で「天童・寒河江・尾花沢」を選択→さらに検索で「 尾花沢・銀山温泉」を選択すると銀山温泉の宿が出てきます。

 

【るるぶトラベルツアー】JTBと同じく、宿は「仙峡の宿銀山荘」(山形牛陶板焼きを堪能&半露天風呂付客室に宿泊!贅沢プラン)、滝と蕎麦の「宿瀧見館」(山形牛と尾花沢牛!和牛ステーキ食べ比べプラン)、「古勢起屋別館」(山形牛の陶板焼きを堪能&温泉街と銀山川を眺める川側客室プラン)などで、いくつかのコースが選べます。

「キーワードから探す」から、「銀山温泉」と入力すると「尾花沢・銀山温泉」の宿泊可能な宿が出てきます。さらに条件等を変えて検索できます。

 

②銀山温泉の宿探し

どれも魅力的なツアーなのですが、今回は旅程間近だったので、キャンセル待ちだったり、日程が合わなかったりで、ツアーは諦めざるを得ない状況…結局、宿と交通は個人手配することにしました。

宿泊する旅館は、銀山川沿いの宿を一通りチェック。温泉街と銀山川を眺めることができる川側客室を確約できる宿は「古勢起屋別館」でした。温泉街のど真ん中、大正ロマンの風情たっぷりのお宿です♪

宿泊先を「古勢起屋別館」のみに絞り、予約をしようとしたのが1月下旬だったので、すでに2月は全て満室、3月も平日のみ2、3日だけ空いてるという状況でした。。。キャンセル待ちを狙い、根気よくチェックしていたら、運よく3月初めの日曜日に1部屋空いたので、すかさず抑えました!今回はポイントの有効期限が間近だったので「じゃらん」での予約です☆

【じゃらん&楽天】

 

宿のみの予約は、ポイントが貯まり1ポイント1円として利用できる「じゃらん」や「楽天トラベル」などがお得でオススメです!

 

③東京から銀山温泉への行き方

レンタカー、新幹線、高速バスのいずれかでアクセスする方法をチェックしたところ、冬季は道路状況が厳しいという口コミがあったので車は除外し、新幹線と高速バスに絞りました。

【新幹線🚅】東京から新幹線で行く場合、最寄り駅の大石田駅まで大体3〜4時間。(6:12の東京始発に乗ると乗り換えなしで9:40に大石田駅に到着)

大石田駅からの交通手段は、宿泊先の送迎バスを利用する以外は、タクシーかバスになります。

【山形県のタクシー🚖】料金・運賃情報:https://www.navitime.co.jp/taxi/area/06/

【銀山温泉行き路線バス🚍】大石田駅から、路線バス(はながさきバス/ 710円)を利用することができます。

大石田駅発9:50, 12:35, 14:10, 15:55, 17:45〜銀山温泉10:26, 13:11, 15:53, 16:31, 18:21着

時刻表:http://www.hanagasa-bus-taisei.co.jp/base.html

【高速バス🚌】東京から高速バスで行く場合、夜遅くに出発する夜行便だと、寝ている間に移動、早朝着ということで時間も有効に使えて、コストパフォーマンスはかなり高い。(実走距離は約390km、所要時間は6時間〜6時間半位)

早朝に到着できれば、ついでに立石寺や蔵王の樹氷なども見に行けるかも?!どこかでカーシェアが利用できたりして?!と思い立って調べてみると、最近会員登録したばかりのタイムズカーシェアが山形駅の近くにもいくつかありました! 早朝はほとんどの店は閉まっているでしょうし行き場に困りそうですが、車があればどうにでもなります♪ということで、銀山温泉までの足は、山形駅まで高速バスを利用することに決め、早速ネットで高速バスのチケットを検索しました。

「バスブックマーク」は、全国の高速バスが簡単に検索できるので便利です!また「楽天トラベル」で予約する高速バスも楽天ポイントが使えて、購入金額に応じてポイントが貯まるのでお得です。

今回は楽天トラベルの割引キャンペーン期間ということもあり、楽天トラベルを利用しました。数多くのバス会社があり、また出発地、シートのスタイル、サービス内容なども様々なので、選ぶのに迷ってしまいます。

バス会社によっては出発日までの期間に関係なく購入した時点からキャンセル料金が発生するものがあるので、その辺のことや、到着時間なども考慮して取捨選択し、今回は去年オープンしたばかりのバスタ新宿から出発する「JAMJAMライナーJX851便」を予約しました。24:05に出発して、山形駅に6時半到着予定です。( 所要時間:6時間25分 / 実走距離:約387km)

前方が3列シート、後方が4列シートのトイレ付き高速バスで、席は足元スペース50cmのゆったりめのリクライニング(レッグレスト、フットレスト付)とのこと。レンタルブランケット、スリッパ、アイマスクのプレゼント付きで、必須のコンセントも全席装備で、なかなか快適そうなバスです😃

 

④旅のスケジュール

最初は1泊2日で銀山温泉だけ訪問するつもりが、色々と調べているうちに、行きたいところが増えていき …最終的な旅程は以下のようになりました。

1日目:0:05新宿発→6:30山形駅到着→6:45カーシェア(蔵王の樹氷見学)→14:00ホテルcheck-in→山形市内散策。

2日目:8:42JR山形駅発→9:31大石田駅着→9:50路線バス大石田駅発→10:26銀山温泉着→銀山温泉街散策→15:00旅館check-in

3日目:10:20銀山温泉発(送迎バス)→山形駅(ランチ&荷物預け)→山寺訪問→山形市内散策→22:15山形駅発→5:24新宿着

 

次回のブログは「蔵王の樹氷を訪ねて」です!