【天と地と繋がるセドナの旅】レッドロックの上に佇む美しい教会「チャペル オブ ザ ホーリー クロス」

「チャペル オブ ザ ホーリー クロス」は、世界的近代建築の三大巨匠と呼ばれるフランク ロイド ライトの教え子「マルグリット ブランスウィグ シュタウド」がデザインし、1956年にレッドロックの上に建てられたモダンなデザインの教会。1956年の完成以来セドナの魅力的なランドマークとなっています。

パワフルなボルテックスの上に立つチャペル

「チャペル オブ ザ ホーリー クロス(Chapel of the Holy Cross)」は、セドナの4大ヴォルテックスには入っていないものの、カセドラルロック、エアポートメサ、ベルロックの3つの強力なヴォルテックスに囲まれたレッドロックの上に建ち、多くの人々からセドナで最強のボルテックスと信じられているパワースポット。

愛、調和、団結、すべてとの一体感「ワンネス」へと、深いつながりをもたらすインスピレーションのヴォルテックスとも言われており、セドナに来たらカセドラルロックと合わせて必ず訪問したいチャペルです。


Chapel of the Holy Cross

チャペルロードからレッドロックの頂上へ

チャペル ロードを道なりに進むとゲートがあり、一般に公開されている9時から17時の開館中は自由に見学することができます。

ゲート前と大きくカーブする道の途中に駐車スペース、またチャペルロードの先端に障害者用の駐車場があり、そこからレッドロックの上に立つ教会まで、緩やかなカーブのスロープをのぼっていきます。

丘の上から眺める360度のパノラマ風景

スロープを登りながらも東側に見えるのが、聖母マリアが幼いキリストを抱く聖母子像を2人の尼僧が見守るフォーメーションの「マドンナ&チャイルド(Madonna & Chile)とトゥナンズ(2 Nuns) 」。

また南側に「ベルロック(Bell Rock)」と「コートハウスビュート(Courthouse Butte)」、西側に「カセドラルロック(Cathedral Rock)」、またチャペルを囲むように北東に連なる「ツインビュート(Twin Buttes)」にチャペルを悪から守ると言われている「イーグルロック(Eagle Rock)」(ワシの頭のように見える)などが見えます。


Madonna & Child and The Two Nuns


Courthouse Butte and Bell Rock


Chapel of the Holy Cross and Twin Buttes

ほっこりとする小さな憩いの場

緩やかなのぼりのスロープが終わるところでちょっと立ち止まってみると、そこにはエンジェルや青銅で作られたオブジェ、や四季折々に咲く花や緑の草木が植えられているほっこりするような憩いの場があります。

チャペルオブザホーリークロスから見るカセドラルロック

「チャペル オブ ザ ホーリー クロス」の南東には、十字架と向き合うような形で自然の大聖堂「カセドラルロック」を望むことができます。


Cathedral Rock

カセドラルロックから見るチャペルオブザホーリークロス

カセドラルロックのトレイルからも、レッドロックの上(ツインビュートの前)にそびえ立つ十字架の「チャペル オブ ザ ホーリー クロス」を目視することができます。


Twin Buttes and Chapel of the Holy Cross

チャペルオブザホーリークロスの内部

神が岩の中に作り出したかのように感じることを意図して設計されたというチャペルは、まさにレッドロックに溶け込むように建てられており、チャペルの支柱ともなっている大きなクロスが特徴。

チャペルの地下には教会グッズを販売するショップがあります。

巨大なイエス・キリスト像

以前まではチャペル内部の窓枠には十字架のみでしたが、33フィート(約10m)もの巨大なイエス キリストのブロンズ像(2018年4月4日に設置)がかかげられていました。ガラス越しにレッドロックの風景が広がっています。

昼と夜のチャペルオブザホーリークロス

昼間の「チャペル オブ ザ ホーリー クロス」は、レッドロックに囲まれ荘厳な雰囲気。また暗闇の中で柔らかく光る夜のライトアップは神秘的です。


Chapel of the Holy Cross
780 Chapel Rd, Sedona, Arizona

セドナ周辺 マップ