【カリフォルニア&アリゾナ】ルート66をロードトリップ!主要の観光スポット巡り

ルート66のアリゾナ州「ホールブルック〜ウィンズロー〜ウイリアムズ〜セリグマン〜キングマン〜オートマン」からカリフォルニア州「バグダッド〜ニューベリースプリングス〜サンタモニカ」までの主要スポットについてまとめてみました。

※こちらの記事は2012年から2015年のアメブロに掲載していたブログと2019年に再訪した際の情報をまとめて再投稿しています。

Contents

ルート66とは?!

 「ルート 66(Route 66: US66)」は米国初のハイウェイシステムのひとつで、イリノイ州シカゴからミズーリ、カンザス、オクラホマ、テキサス、ニューメキシコ、アリゾナの東西にまたがる各州を経て、カリフォルニア州サンタモニカで完結する全長3940kmの国道。マザーロードとも言われた最も有名なルートで、1926年から1985年までの約60年間活躍した路線です。

1950年代初頭、カリフォルニア州「バーストー(Barstow)」から東に伸びる「州間高速道路40号線(I-40:Interstate40)」の建設が始まり、その最終工事の部分(アリゾナ州ウィリアムズ)が1984年に完成、その翌年の1985年に国道66号線が正式に廃線となりました。

その後、完全に使われなくなった道路はあるものの、州間高速道路を補完する通勤道路となったり、州道、郡道、私道となったり、保存されている部分も多く80%以上が現存し、イリノイ州、ミズーリ州、ニューメキシコ州、アリゾナ州を通過する道路の一部は、国指定景観街道(National Scenic Hyway)の旧国道66号線「ヒストリックルート66(Historic Route 66)」に指定され、アメリカで人気のドライブルートに♪ 今でもルート66を愛するライダーを始め世界中からロードトリッパーがやってきて、ノスタルジックな雰囲気を肌で感じながら旅を楽しんでいます。

アリゾナ州・ホールブルック周辺

ニューメキシコ州「ギャラップ」から西へ20分ほど車を走らせるとアリゾナ州。州境にある「ラプトン」から「ホールブルック」の町までは、所々に民家や土産店が点在するほか何もない不毛地帯が続きます。ルート66の北側(アリゾナ州の北東部)には、ユタ州南東部とニューメキシコ州北西部の3つの州にまたがって位置するナバホ族の居留地区が広がっています。

ルート66を跨ぐ「化石の森国立公園」

ホールブルックの東約40kmの位置に、「化石の森国立公園(Petrified Forest National Park)」があり、その園内にオリジナルのルート66を見ることができます。現在は跡形もなく草に覆われていますが、今でも古い電柱が残っていて、その道筋を示してくれています。

▼「化石の森国立公園」についての記事は下記のリンクからどうぞ☆

2億年前の太古の樹木が宝石に生まれ変わった?!悠久の時の流れを感じる「化石の森国立公園」


Old Route 66

アムトラック「サウスウエスト チーフ」の長距離列車

シカゴからロサンゼルスを結ぶ長距離路線のアムトラック「サウスウエスト チーフ(Southwest Chief)」が、ルート66と同じ地域を走っています。


Amtrak:Southwest Chief Train

ディズニー映画カーズでも有名な「ウィグワム モーテル」

カーズ (字幕版)

ルート66を走る人にはお馴染みの「ウィグワム モーテル(Wigwam Motel)」は、ディズニー映画カーズに出てくる「コージー コーン モーテル」のモデルになったとされているモーテルで、ひとつひとつ独立した客室はティピーの形をしているユニークな外観です。

かつては、ケンタッキー州(2ヶ所)、アラバマ州、フロリダ州、アリゾナ州、ルイジアナ州、カリフォルニア州の7ヶ所にあったという「ウィグワム・ビィレッジ 」は、現在ケンタッキー州のケーブシティ(1937年〜、ウィグワムビレッジ#2)、アリゾナ州のホルブルック(1950年〜/ウィグワムビレッジ#6)、カリフォルニア州のリアルト/サンバーナ ディーノ(1949年〜/ウィグワム ビレッジ#7)の3ヶ所が残るのみ、それぞれアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されています。 

Wigwam Motel #6
811 W Hopi Dr, Holbrook, Arizona

ウィンズローへ