【カリフォルニア&アリゾナ】ルート66をロードトリップ!主要の観光スポット巡り

Contents

ルート66再興の発祥の地「セリグマン」

ウイリアムズの約70kmに位置する「セリグマン(Seligman)」はルート66再興の発祥の地、またディズニー映画「カーズ」の舞台「ラジエーター スプリングス」のモデルとなった町と言われ、観光客に人気のスポット。ルート66の沿道にはバイク乗りたちのハーレーなどがずらりと並んでいます。

小さな町ながら約1kmに渡ってガソリンスタンド、モーテル、ダイナー、お土産屋さんなどが立ち並び、至る所にルート66の看板、オールディーズ時代のクラッシックカーが見られ、50’s〜60’sのアメリカンスター、マリリン モンロー、ジェームス ディーン、エルヴィス プレスリーの等身大パネルが並ぶなど、町はR&R、ロカビリー、アメカジといったフィフティーズ全盛期の面影が色濃く残っています。

セリグマンの名店「デルガディロス スノーキャップ」

セリグマンで一際目立っているお店が1953 年創業のハンバーガーショップ「デルガディロス スノー キャップ(Delgadillo’s Snow Cap)」。店の扉を開けると雑然とした狭い店内には旅行者たちの名刺や写真などが壁から天井までビッシリ埋め尽くされています。名物はビッグシェークとチーズハンバーガー。イタズラ好きの店員さんからサプライズを受けることがあるかもしれません。店の裏庭にはカーズのキャラクターに出てくるようなクラッシックカーがズラリと並んでいます。


Delgadillo’s Snow Cap
301 AZ-66, Seligman, Arizona

夕暮れ時のセリグマン

ノスタルジックな雰囲気に酔いしれます…


Seligman at dusk

ウエストヒストリックルート66「ヤンパイ〜ハックベリー〜キングマン」

セリグマンからキングマンまでは約140km。ルート66は、I-40の北側に弧を描くように走っており、「ヤンパイ(Yampai)〜ピーチ スプリングス(Peach Springs)〜トラックストン(Truxton)〜ハックベリー(hackberry)」と、いくつかの中継点を通過していきます。

荒涼とした大地が続きますが、ピーチ スプリングの「「グランドキャニオン洞窟(Grand Canyon Caverns)」(米国最大の乾燥洞窟のひとつ)や、ハックベリーのジェネラルストア「Hackberry Jeneral Store」(歴史を感じるポップアートなギフトショップ)など、いくつかの見どころがあります。

ちなみに、ヤンパイとピーチスプリングの間にあるインディアンロードは、美しいハヴァス滝があるインディアン居留地「スーパイ(Supai)」への唯一の道。ハヴァスパイ トレイルヘッドまで約120km、そこから渓谷沿いのトレッキングルート約13kmを徒歩で向かいます。


Hackberry General Store

夕暮れ時のウエストヒストリックルート66

哀愁漂う夕暮れ時のルート66は、切ないような寂しいような…でもワクワクするような、なんとも言えない気分になります。舗装された道路とはいえ片側1車線で、狭く単調な道が続くので、照明のない真暗な夜間に走行する場合は十分にご注意を…

Yampai – Hackberry, West Histric Route 66 

州間高速道路40号線「セリグマン〜キングマン」

セリグマンからI-40でキングマンに向かう場合、その距離は約115km。ルート66と比較して20〜30分のショートカットになります。こちらの道路は片側2車線で中央分離帯があるので、いつでも安心して走行することができます。


I-40

キングマンへ